責任感がやりがいを生み出す。自由でエネルギッシュな職場。平成12年入社 特販第一営業所 牧戸 力也 

あなたのお仕事について教えてください。

牧戸写真照明器具や分電盤を大手電気工事会社に販売、納入する仕事をしています。主に商業ビル、オフィスビルの電気設備資材を取り扱っています。最近では、名古屋駅前の大型プロジェクトの物件を取り扱い、忙しくもやりがいのある毎日を送っていました。

扇港電機ってどんな会社?

僕が就職活動をしていたときはちょうど就職氷河期。特に明確な目標がなかった僕は、幅広い業種の採用試験を受けていました。たまたま訪れた企業展で扇港電機と出会ったのですが、「扇港」という珍しい名前にまず興味を持ちました。最終的には「仕事の成果が形になる仕事」ということで入社を決めました。役員面接での副社長の「会社は女性と付き合うのと一緒」という一言が印象的でしたね。堅苦しくないエネルギッシュな雰囲気があります。

仕事のやりがいは?

牧戸写真工事物件を受注したときが一番嬉しいですね。扇港電機では、若い営業マンも責任ある仕事を任されます。1千万、時には1億という大型物件プロジェクトもあります。もちろん先輩に相談はしますが、最終的な裁量権は担当者にあります。責任は重いですが、逆にそれがやりがいに繋がっています。
最近まで携わっていた名古屋駅前の大型ビルプロジェクトの仕事がひと段落したので、次はワンランク上の目標を設定する時期に来ているのかなと思っています。

職場の雰囲気はどうですか?

とにかく全員元気。仕事は厳しいですが、一歩外に出れば先輩・後輩とても仲が良いです。また、きちんと仕事を覚え結果を残していけば、プライベートは尊重してくれます。僕の後輩は曜日を決めてスポーツジムに通っていますよ。

仕事に対する満足度は?

職場の同僚と70%。これは自分の仕事に対する満足度です。まだまだ仕事に対して全力を出し切れていないという思いがあるので。もっと力を出し切っていけば、会社に対する満足度も変わっていく気がします。

後輩に一言

責任と権限を委譲してくれるやりがいのある会社です。僕は特に目標はなく入社しましたが「石の上にも三年」。とにかくやってやろうと思って仕事に取り組むうちに目標は見えてきます。熱く個性的な先輩が多い扇港電機で、社会人としての第一歩を踏み出してみませんか。